シネマ執事

ティッシュみたいだね 映画って

映画『野性の呼び声(2020)』感想 ネタバレあり

映画『野性の呼び声(2020)』感想 ネタバレあり

「2020年の令和の時代にこれやるかね?」というのが一番最初の正直な感想です。

小説『野性の呼び声』は1908年に初めて映画化され、それ以降も何度も映画化されています。 多分、6,7回くらいになるんじゃないかしら。

ジャック・ロンドンの古典的な冒険小説の最新版であるこの映画は、フォックスの下で開発され、リロ&スティッチの監督クリス・サンダースによって実写デビューをしました。

クリス・サンダース監督は、『ヒックとドラゴン』シリーズ、『リロ&スティッチ』などで監督・脚本を務めた方で、実写映画のメガホンをとるのは今回が初めてとのこと。

サンダース監督は元来、映画製作としての感性がアニメーションに適しており、今回この作品において、四足の生き物と二足歩行の仲間との関係についてこの物語を巧みに描いています。そしてこの作品はハリソン・フォードと非常に優れたCGの犬(バック)に よって高められているのです。

あらすじ

1800年代後半のクロンダイクゴールドラッシュの頃に設定された物語は、マスタージャッジミラー(ブラッドリー・ホイットフォード)の 下で、カリフォルニア州サンタクララで甘やかされた牧羊犬生活を送るセントバーナードであるバックが庭師助手によってさらわれ、 ユーコンの貨物運送業者に売られることになりました。

バックはその後、シアトルで二人のフランス系カナダ人に買われ、犬ぞりのそり犬として働くようになり、そこで生き残る術を学んでいきます。

そんな中、道に沿って、バックはパスを横切り、ジョン・ソーントン(ハリソン・フォード)と仲良くなりました。ジョン・ソーントンは、個人的な 損失をきっかけに荒野をさまよっていました。

しかし、 二人が一緒にユーコンの未開拓地域への旅に出発したとき、バックはますます人間のマスターの世界から引き離され、自分が野性で 自由に生きることを切望していることに気づくのです。

バックはCG

『野性の呼び声』の公開において犬のバックがCGであることに眉をひそめることは簡単ですが、 同時にバックは映画の中で最も魅力的な要素でもあります。

フォトリアルなコンピューターアニメーションと、動きのコーチとモーションキャプチャーの並外れたテリー・ノタリー(アメリカの俳優・スタントスタント・ムーブメントコーチ)に よるスタンドインパフォーマンスの組み合わせによって実現したこのキャラクターは、非常に表現力豊かで、感情的で、 愛らしく見えます。

テリー・ノタリーと視覚効果チームのすばらしい仕事

技術的な観点でいうと、この方法でバックをレンダリングするのは、他の方法よりも理にかなっています。
加えて、バックは絶えず危険な状況に置かれ、生き残るために戦わなければならない。本物の犬とCGの犬、彼がデジタル作品で あることを知っていても、テリー・ノタリーと視覚効果チームのすばらしい仕事のおかげで、彼が虐待されたり、無視されたり、 脅迫されたりしたときに、思わず本物の犬がされているのと同じような痛みを感じてしまうでしょう。

しかし、サンダースがバックについて説得力のある実体を再現している反面、彼は『野性の呼び声』の非CG部分に関しても苦労しています。この映画は、ディズニーの実写のリメイクの多くがアニメーション機能をもっているのと同じように、 実写でのショットのためにショットを何度もやり直したアニメーション映画のように見えます。

時にはこれが機能し、サンダースと撮影監督ヤヌス・カミスキがバックの視点からこの物語を実際に提示することを可能にしました。

それ以外の場合は、『野性 の呼び声』が主に、場所ではなく緑色の画面を背景にしたサウンドステージで撮影されたことが明かされました。
それでも、この映画はロンドンの有名な作品と同じように自然に対する畏敬の念をもち、カミスキによるシルエットと光線の巧妙な使用法 (シンドラーのリスト以来スティーブンスピルバーグのすべての映画で使用されているように)を用いています。

『野性の呼び声』の人間キャラクターは、シンプルでありながら魅力的なものから、 ダン・スティーブンスがハルとして残した一音のステレオタイプ が、混在しています。

幸いなことに、ハリソン・フォードは人間側で大部分の重労働を行い、ソーントンの悲劇的なバックストーリーに本当の哀れみを与え、 映画の適切な無言のナレーターとして役立っています。

敢えて表情豊かなバック

『野性の呼び声』は最終的にディズニーの傘の下で道を見つけました。同じカテゴリの適応に適合し、インスピレーションを与えた古典的な 物語の暗い側面を柔らかくし(完全に落とすことなく)、その粗いテクスチャに穏やかなCGの重いペイントの新鮮なコートを与え、最近のほ とんどの実写映画のようにそれ以外の場合は家族向けのエンターテイメントを尊重します。

『野性の呼び声』は、ディズニーのアニメーション機能のリメイクが付属していることなく、興行収入で間違いなく苦労すると思われますが、 荒野での昔ながらのアドベンチャーゲームとしての様式を踏襲するならば、映画がトリックを行う必要があります。

そして、バックが実際の犬として常に説得力がない場合において、それでも実際の生き物として忠実に再現しようとするのであれば、 敢えて、とても表情豊かな(そしておそらく少し様式化された)フォトリアリスティックなCGを作るほうが良いと証明しているのです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Other

蔵原惟繕監督 「憎いあンちくしょう」 1962 レビュー ネタバレあり

蔵原惟繕監督 「憎いあンちくしょう」 1962 レビュー ネタバレあり

もくじ 浅丘ルリ子の最高傑作選良のラブストーリー少女の目覚め空前絶後のスタア蔵原惟繕の作劇 浅丘ルリ子の最高傑作  蔵原惟繕のシャープなカッティングも素晴らしい。石原裕次郎の男っぷりも素晴らしい。しかし、この映画の到達点は蔵原や石原の度量で...
More
Return Top