シネマ執事

ティッシュみたいだね 映画って

Withコロナ 深作欣二監督が発する深いメッセージ 「復活の日」 1980

Withコロナ 深作欣二監督が発する深いメッセージ 「復活の日」 1980

あらすじ

殺人ウイルスと核ミサイルの脅威により人類死滅の危機が迫る中、南極基地で生き延びようとする人々のドラマを描いた作品。 「愛は、人類を救えるのか?」MM88、その細菌兵器によって全世界は大パニックとなり、 氷に閉ざされた南極大陸に残された探検隊の863人を除き、45億人の人類が死んでしまった。 滅亡寸前にまで追いこまれた人類は・・・

VIRUS

 英題は「VIRUS」。新型ウイルスが全世界で猛威を振るい、人類がほぼ死滅するストーリーだ。原作は1964年、小松左京のSF小説。角川映画初期の超大作として、膨大な製作費を費やして製作された。1980年邦画第2位のヒットにも関わらず、利益は出なかったらしい。角川春樹は、そこまでしても、この作品の映像化に執念を燃やしたのだ。

 米国が開発したウイルス兵器「MM-88」が、東独でスパイに奪われる。スパイの乗った飛行機がアルプス山中で墜落、ウイルスは驚異的な繁殖力で全世界に蔓延する。高い毒性を持つウイルスによって人類はほぼ死滅する。しかし、ウイルスは氷点下の気温では繁殖できないため、各国の南極基地隊員のみが生き残る。

 ウイルスの猛威は、医療崩壊を招く。東京の病院では医師(緒形拳)、看護師(多岐川裕美)たちが、自身も感染しながら激務に身を投じる。各地でワクチンを求めるデモが発生、暴徒化した群衆と機動隊が激突する。街路は死体で溢れ、自衛隊の焼却処理も間に合わない。

世界は滅亡寸前となる。瀕死の米国大統領から南極基地へ、世界政府の存続要望が発せられ、米国の提督をリーダーとする臨時政府が発足する。

 日本越冬隊の地震学者(草刈正雄)が、米国東海岸での地震発生を予知する。ワシントンやニューヨークに大きな被害が出たとしても、無人の廃墟が破壊されるだけだ。しかし、地震の振動が核爆発に類似しているため、自動報復装置が誤作動する可能性が高いことが判明する。米国から仮想敵国に報復ミサイルが発射され、その攻撃を受けた国から更に報復ミサイルが発射される。先進国の主要都市は壊滅状態になり、放射能で汚染されることは回避できない。しかし、それとて無人の都市にて起こる惨事だ。

 ソ連の代表が、言いにくいことを明らかにする。ソ連の報復ミサイルは、ニューヨークやロンドンだけでなく、米国や英国の南極基地も射程されていたのだ。

冷戦時代の核の恐怖

 1964年と言えば、米ソ冷戦が激化していた時代である。第二次世界大戦の記憶はまだ新しく、本格的な核戦争の勃発もリアリティをもって恐れられていた。

 ワールドワイドな脅威は、強い不安を民衆の心に齎す。しかし、核戦争の抑制は、一般大衆にコントロールできるものではない。無辜の民衆に大惨事が起こるかもしれないという不安は、コントロールする責務を持つ政府への批判的な感情に結び付く。自分たちは被害者「候補」である、という安全地帯にて、反戦運動はやや幼い熱を帯びる。

 明るい未来は、自ら築かなければ到来しない。一方、全世界的な破滅を夢想することは、フィクションに近い昂奮を呼び起こす。義憤のなかに、密かな破滅衝動も混じり、人々は、社会不安という、ある種のエンタテイメントを消費する。台風の接近や地震の際、このエンタテイメントのライト版が、日常的に消費されている。

 マスコミにとって、このネガティブなエンタテイメントは、格好の商売ネタだ。全ての台風は、今年最大「級」であり、岬に立つレポーターは、脆弱なビニール傘を持っている。新型コロナウイルスは、ネットに押されがちなテレビにとって起死回生のネタなのだ。「STAY HOME」によって視聴率は確実に上がっている。

 不安を煽るのはマスコミだけではない。SF小説もこの不安感をベースに置くことが定番だ。「復活の日」も、核戦争、生物兵器という脅威を描き、米ソ冷戦の激化を批判している。

 小松左京の圧倒的な筆力は、読者を巧みに仮想リアリティの世界に引き込む。しかし、小松は、不安を煽るだけのマスコミとは根本的に違っている。この作品が大きな感動を呼ぶのは、奇跡ともいえる「復活」を信じることの尊さを突き付けてくるからなのだ。

深作欣二の描く、人間の活力

 深作欣二は、人間の荒ぶる活力を描いてきた映画作家だ。ヤクザ映画では、男たちの暴力が、肉体感覚に優れたアクションとして、切れ味良く描かれる。怒りを爆発させ、殴りかかる男。拳銃を手に、恐怖に震えるチンピラ。撃たれた幹部の、のたうち回る姿。闘いの前夜、荒ぶる性欲で女を抱く背中の刺青。

 しかし、アクションは肉体だけに現れるのではない。最高傑作「仁義なき戦い」シリーズ(1973~1974)の菅原文太や小林旭は、暴力を振るわない。中堅幹部の菅原や小林は、組織の政治的駆け引きに忙殺されており、実戦は、下っ端のチンピラ同士で行われるのだ。また、広島ヤクザは、神戸の大組織の傘下で代理戦争を余儀なくされる存在でもある。

 激しい闘争本能、裏切りに次ぐ裏切り。仁義を棄却した権力闘争は、国際的な冷戦対立のように、激しい精神の躍動と圧殺を産む。

 「復活の日」では、3つのカテゴリーに属する人々の精神的アクションが活写される。東京の病院では、緒形拳や多岐川裕美が必死に診療を続けている。現在日本政府が恐れている医療崩壊とは、こういう惨状を指すのだろう。瘴気が立ち込める大病院に、次々と重症患者が担架で担ぎ込まれる。外来の診察を待つ人々の相貌には死相が浮き出ている。東京の死者は数百万人レベルに達し、もはや健康体で事態改善に従事できる人などいない。宗教に縋って平伏する人々。自暴自棄に乱痴気騒ぎする若者。

 目の下の隈が青黒い緒形は、疲労の限界に達しているだけでなく、感染もしているのだろう。ウイルスの思うがままに院内感染は拡がっている。もはや診察や治療など無駄な状況だ。しかし、診察を続ける緒形。もはや生命を救う医師の責務などではなく、自らも含めた人々の大量死の脅威に、精神を狂的に昂らせているのだ。

 米国大統領の執務室で、大佐が狂う。ウイルスの猛威による国家存亡危機を、強引に敵国の好戦感情と結び付け、自動報復システムの起動を進言する。当然大統領はこれを認めないが、ホワイトハウスの秩序は既に崩壊しつつあり、命令に背いてスイッチを起動する。

 南極基地隊員たちは、自分たちだけが生き残った事実を重く、冷静に受け止める。人類という種の存続を最優先に考え、国家間の対立を克服しつつある。しかし、南極に幽閉された彼等に、精神も肉体も躍動するすべはない。

 しかし、南極に向けられたソ連の報復ミサイルを止めるには、誰かが、ホワイトハウスの自動装置を止めに行かなければならない。米軍少佐とともに、草刈正雄がこの決死のミッションに赴く。

草刈正雄のヒロイズム

 彫の深い端正な顔立ちの草刈は、当時美青年の象徴的な存在だった。しかし、「復活の日」の草刈は、ワイルドな肉体アクションを披露することもなく、野望を目論む策士でもない。物静かな地震学者だ。

 米軍少佐と草刈はホワイトハウスに乗り込むが、既に余震は始まっており、建物の崩落が彼等の行く手を阻む。それでも草刈は核ミサイルの指令室まで辿り着くが、寸前のところで報復ミサイルの発射を止めることは出来ない。

 奇跡の復活は、ここからだ。事前にワクチンを注射していた草刈は、ワシントンから南米の南端まで、歩き続ける。南極基地の核破壊を回避するため、女性を中心とした一群が、チリの海岸地域に避難する計画を知っていたからだ。草刈もチリの避難民にもワクチンが効いたのだろう。彼等は奇跡的に再会する。

 野生動物や魚を素手で捕獲し、無人の大陸を歩き続ける草刈。荒唐無稽と言えば、それまでだろう。しかし、ズタボロになりながら、あくまで歩みを止めない草刈の姿は、大きな感動を呼ぶ。

ネガティブな不安よりも、ポジティブな意志のほうが強靭であり、必ず勝利することを私は信じている。

ABOUT THE AUTHOR

佐々木 隆行
佐々木隆行(ささきたかゆき)

1969年生まれ。広島県出身。青山学院大学中退。IT企業勤務。
最初の映画体験は「東映まんがまつり」。仮面ライダーがヒーローだった。ある年、今回は「東宝チャンピオンまつり」に行こうと一旦は決意したものの、広島宝塚へ歩く途中に建っていた広島東映「東映まんがまつり」の楽し気な看板を裏切ることが出来なかったことを痛切に覚えている。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Other

黒い画集 寒流

鈴木英夫監督 「黒い画集 第二話 寒流」 1961 レビュー ネタバレあり

もくじ 戦前フォーマットの喪失池部良のニヒリズム池部の転落民主主義の完璧な達成「偽善」というニヒリズム 戦前フォーマットの喪失  戦争に敗けたんだから仕方がない。皇統が継続できただけでも有難い。しかし、ここまで木端微塵に砕かれるとは。「黒い...
More
Return Top